その投資話、大丈夫? 契約は「冷静」に考えて クイズde学ぶ お金のあれこれ

詐欺や悪徳商法から身を守る!

「SNSやマッチングアプリで知り合った人から、投資話を持ちかけられた」

「知り合いから紹介された投資話でうまく儲かったのに、いろいろな理由から出金できない」

「スマホで簡単に稼げると持ちかけられて、高額な投資話にのってしまった」

これらは金融詐欺の手口です。

架空料金の請求や融資の保証金、還付金…… と枚挙にいとまがありません。そんな詐欺や悪徳商法から、身を守るためにも金融知識は必要。今回は、「詐欺や悪徳商法」からの全4問です。

 

第1問 訪問販売で交わした契約をクーリング・オフできる期間は原則として何日間でしょう?

第2問 銀行やクレジットカード会社を装ってメールを送る等の方法で、クレジットカード番号などの情報を盗み出す行為を何というでしょう?

第3問 実際には商品を販売せず、先に加入した会員が後から加入した会員の会費の一部などを受け取って利益を得る仕組みの違法商法を何というでしょう?

第4問 注文した覚えのない健康食品がAさん宛てに届き、Aさんは事業者から代金を請求されました。次のうち、この状況について正しい説明はどれでしょう?

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。