「円高円安」って、なにがどうなるの? クイズde学ぶ お金のあれこれ

「円高・円安」を知る!

 

工場でつくった製品を輸出したり、製品をつくるための原材料を輸入したり。国内企業はこうした取引を通じて、海外の企業とビジネスを展開しています。

取引が発生すれば、お金のやり取りも発生します。日本では「円」が使われていますが、米国では「ドル」が、ドイツやフランスなどでは統一通貨の「ユーロ」が、英国では「ポンド」、中国では「元」が使われています。国が違うと通貨も異なり、通貨の需要と供給の関係で市場価格(相場)も変化します。それが「外国為替」です。

今回はドルと円の関係から、「円高 円安」を知る、全4問です。

 

第1問 次のうち「円高」はどれでしょう?

 

第2問 次のうち、日本の金利は変わらずアメリカの金利が上がった場合の為替の一般的な動きとして適切なものはどれでしょう?

 

第3問 次のうち「トリプル安」の状況下で下落する3つの価格は何でしょう?

 

第4問 急激な円安・円高が進行した際などに行われる、通貨当局が外国為替市場で通貨を売買し流通量を調整することを何というでしょう?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。